5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イメクラBerryz工房 part8.1

1 :名無し募集中。。。:2006/11/21(火) 00:58:26.39 0
仲良し7人そろってます
おつまみ大好き7人です
お客様に愛されて8店目

みなさんの妄想のかなう当店にようこそ!!

前スレ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1163652742/

585 :名無し募集中。。。:2006/11/29(水) 23:35:09.03 0
時間ピッタリに待ち合わせの場所に来てみると、そこに清水さんの姿はなかった。
いつも時間に正確すぎる程正確な彼女が遅刻なんて珍しいこともあるもんだと思い待って
みるが、5分過ぎても清水さんは現れない。

これはおかしいと思って電話をかけようとしたところで、さっきから横にいた長身の女の子が
僕に「あの…」と声をかけてきた。
「●●さん、ですか?」
「そうですけど…」
「あー良かった。私、清水先輩の後輩の熊井って言うんですけど、今朝突然先輩から電話が
かかってきてバイトのピンチヒッターを頼まれて来たんですが…」
「え? 清水さん来れないの?」
「はい。先輩がものすごい熱が出て動けない、でもバイトは休めないからって」
責任感の強い清水さんの事だから、とにかく誰かをって探して送ってよこしたんだろうが…。
「で、どんなバイトなんですか?」
にこにこしながら熊井さんが聞いてきた。

「うわー、こういうの私一度やってみたかったんです!」
僕らの目の前に横たわる着ぐるみを見て、目をキラキラ輝かせた熊井さんが話しかけてくる。
「これ、『ベリーちゃん』と『コー坊くん』ですよね? 私、大ファンでグッズとかいっぱい
持ってます!」
「そりゃよかったね…って、ホントに清水さんから何にも聞いてなかったんだね…」
「それで、私はどっちを着ればいいんですか?」
熊井さんは興味津々だ。
「一つ、聞いてもいいかな」
「なんですか」
「熊井さん、身長何センチ?」


586 :名無し募集中。。。:2006/11/29(水) 23:35:29.91 0
「ひゃ…174です」
「じゃ、こっちかな」
僕は迷わず『コー坊くん』の着ぐるみを指差すと、途端に熊井さんの表情が曇る。
「えー、私ベリーちゃんがいいです……」
「僕だっていつもやってるコー坊の方がいいけど、これ、ほぼ清水さんに合わせて出来てるから、
縦方向がきつくて物理的に着れないと思うよ。僕でかなりギリギリだったから」
165センチの僕に言われては熊井さんも納得するしかない。

「前が見えませーん!」
熊井さんが頭を前後逆にかぶってじたばたしている。
頭の向きを戻してやると「あ、見えましたけど見づらいです…」
「そういうもんなんで、我慢してください。じゃ、行きますよ」

動きのぎこちない2体の着ぐるみが精一杯の愛想を振りまき、どうにかその日のイベントは無事に
終了して控室に戻ってくると、先に戻っていた熊井さんがまたじたばたしている。
「チャックに手が届きませーん!」
僕は「はいはい」と言いながらコー坊の背中にあるチャックを降ろしてあげた。
ようやくの事で密閉された空間から解放され「あつーい!」なんて言いながら着ぐるみから出てきた
熊井さんは汗だくで、体に張り付いたTシャツからはブラジャーが透けていて…。


このお店初めてなんで、こんなコースでお願いしたいんですが、ダメですかね?

371 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)